取調べの可視化

HOME > 兵庫県弁護士会とは > 各種委員会の紹介 > 取調べの可視化 > 可視化市民集会が開催されました
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

各種委員会の紹介

可視化市民集会が開催されました

 2012年8月4日土曜日午後3時からクリスタルホールで取調べの可視化市民集会「密室での取調べが正義を歪める!今こそ、取調べの可視化を!衆議院議員石川知裕さんを迎えて」が開催されました。
 石川知裕さんは、いわゆる陸山会事件で東京地検特捜部に逮捕され、自白強要のための不当で過酷な取調べを受けられました。 また、石川さんの担当検事が作成した捜査報告書に、実際にはなかったやりとりが記載されるという捜査報告書の偽造問題まで発生しました。
 捜査報告書の偽造は、石川さんが持ちこんでいたICレコーダーでの録音によって発覚したものですが、もし、石川さんがレコーダーを持ち込んでいなかったとすると、虚偽の捜査報告書がまかり通ってしまった危険性もあったわけです。
石川さんのケースは、典型的な密室取調べの弊害事例といえます。
 なお、石川さんは、一審では有罪判決を受けましたが、現在、控訴審で戦っておられます。
 石川さんは、自らが受けた密室での取調べ体験をもとに、取調べの可視化の必要性を強く訴えられました。
市民の方々も、石川さんのお話に聞き入っておられました。
 当本部は、今後も、市民の皆さまに取調べの可視化の必要性を知っていただくために、今回のような市民集会を開催して行きたいと考えております。
 ご参加いただいた市民の皆様、本当にありがとうございました。

ページのトップへ
兵庫県弁護士会