トピックス

HOME > トピックス一覧 > 憲法違反の安保法の適用・運用に反対し、その廃止を強く求める請願署名運動ご協力のお願い
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

トピックス

憲法違反の安保法の適用・運用に反対し、その廃止を強く求める請願署名運動ご協力のお願い

2015年9月19日、参議院本会議において、平和安全法制整備法案及び国際平和支援法案が採決されました(以下、「安保法」といいます。)。

当会は、安保法は,政府が憲法第9条の解釈を変更し、これを踏まえて法律によって集団的自衛権の行使を容認するものであって、立憲主義に違反することについて、市民集会・パレードの開催、会長声明の中で繰り返し指摘してきました。

このたび、日本弁護士連合会が、立憲主義違反の安保法の適用・運用に反対し、その廃止を強く求める請願署名運動を行っております。
つきましては、憲法違反の安保法の適用・運用に反対し、その廃止を強く求める請願署名運動において、お一人でも多くの方から署名を集めることができますよう、皆様のご協力をいただきたく存じます。

【実施期限】

第一次集約 2016年(平成28年)3月31日(木)
第二次集約 2016年(平成28年)5月20日(金)
※第二次締切が5月31日(火)より変更になりました。

【署名用紙】

請願署名用紙は、下記よりダウンロードをお願いいたします。

署名用紙

※署名用紙が改定されましたが、これまでの署名用紙も引き続き使用いただけます。

ご記入いただきました署名用紙は、兵庫県弁護士会で集約し日本弁護士連合会へ提出いたします。
請願署名用紙は、コピー・ファクシミリのものは無効となりますので、原本をお送りください。

※ご参考までに日本弁護士連合会のホームページをご案内いたします http://www.nichibenren.or.jp/news/year/2016/160115_2.html
ページのトップへ
兵庫県弁護士会