トピックス

HOME > トピックス一覧 > 弁護士会口座を利用した詐欺事件について
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

トピックス

弁護士会口座を利用した詐欺事件について

弁護士会を名乗り、弁護士会の実在の口座に架空の手続費用を振り込ませ、その後現金の持参を要求するという悪質な詐欺事案が発生している旨の情報提供がありました。

第一東京弁護士会において、このような詐欺事例があったことが公開されています。詳細はこちらをご確認ください。

兵庫県弁護士会においては同様の事例があったとは報告されていませんが、同様の連絡を受けた場合、拙速に手続を進めるのではなく、連絡をしてきた人物が実在するかを慎重に調査してください(弁護士であれば、日弁連の弁護士検索にて調べることができます)。

弁護士会が、個別の弁護士が受任した事件に関連して、金銭を預かることはありません。手数料等の振込先として兵庫県弁護士会の口座を案内するといった不審な連絡を受けた方は、兵庫県弁護士会にご連絡のうえご確認ください(代表電話:078-341-7061)

2014年(平成26年)11月11日

ページのトップへ
兵庫県弁護士会