トピックス

HOME > トピックス一覧 > 全国一斉「投資被害110番」の実施について
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

トピックス

全国一斉「投資被害110番」の実施について

 投資商品に関するトラブルが急増しています。以前から、投資被害は多数ありましたが、昨年ころから、
「未公開株」「社債」の販売勧誘をうたう投資被害が過去に例を見ないほどに増えています。

 また、最近多数の投資被害を出してきた「CFD取引」「海外先物取引」などに関しては、
法改正により、平成23年1月からは、国の許可がなければ営業できなくなったため、
業者が許可申請を行わずに廃業し、多額のお金を預けたまま業者が倒産してしまう、
という事態も多数発生しています。

 さらに、証券会社が販売する商品(仕組債など)に関してのトラブルの相談も多数寄せられるようになりました。

 そこで、今回、兵庫県弁護士会と神戸証券・先物被害研究会(投資商品被害事件について研究、
被害救済を行う弁護士グループ)が共催して110番を行うことになりました。

日 時 平成23年2月23日(水)及び2月24日(木)の2日間        
午前10時から午後3時まで
電話番号 神戸:078-351-2277(両日とも)
尼崎:06-4869-3931(23日のみ)
姫路:079-288-8830(24日のみ)


ページのトップへ
兵庫県弁護士会