くらしの法律相談

HOME > くらしの法律相談 > 2015年 神戸新聞掲載『くらしの法律』相談
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

2015年 神戸新聞掲載『くらしの法律』相談

パソコンで作成した遺言は無効か−死因贈与として有効の場合も 2015年12月16日 小林 優太
ネット上の悪口をやめてほしい−削除要請や損害賠償請求を 2015年12月2日 友久 康弘
子の投げたボールで友達の歯が折れた−遊戯の範囲逸脱なら賠償責任 2015年11月18日 谷神 禎尚
上司の不正行為を知ってしまった−告発での解雇が無効の場合も 2015年11月4日 松尾 隆寛
養育費求めたいが元夫が無職に−「稼働能力」の有無などで判断 2015年10月21日 中嶋 知洋
交通事故の加害者が破産−保険内容を確認して活用を 2015年10月7日 山田 力
筆記用具持てないが遺言を残したい−公証人が関わり書面作成も 2015年9月16日 中村 衣里
借地に建てた建物を買い取ってもらいたい−契約満了時期の確認を 2015年9月2日 龍見 賢
認知症で施設入所中の父の家を売却できるか−成年後見制度の利用を 2015年8月19日 辻田 直之
8年以上行方不明の夫 生命保険はどうなる−失踪宣告後、保険金の請求可能 2015年8月5日 達川 新
父と不倫相手に慰謝料を請求したい−母親が被った損害分は可能 2015年7月15日 金井 周一郎
別れた彼からのストーカー行為−まず警察に「警告の申出」を 2015年7月1日 渡瀬 直哉
中古住宅購入後に雨漏りが判明−瑕疵担保責任追及できる場合も 2015年6月17日 後藤 康仁
2年前の請求書がスナックから届く−時効成立を債権者に伝えて 2015年6月3日 馬場 民生
自宅建物が市有地にはみ出している−時効取得が認められる場合も 2015年5月20日 菊田 大介
別居の夫と離婚後すぐ別の人と結婚できるか−女性だけ6カ月は再婚禁止 2015年5月6日 野田 倫子
スキー場で衝突事故−上からきた人の責任が重い 2015年4月15日 山口 智康
兄が父の遺言を隠して遺産を分割−不正な行為、相続人になれぬ 2015年3月18日 重村 和彦
いいがかり的な裁判起こされ、多額の出費−訴訟提起が違法なら賠償請求 2015年3月4日 中松 義貴
自己破産前に自宅を妻に贈与できるか−債権者や管財人が認めず 2015年2月18日 池田 雄一郎
夫が無償貸借した土地に住み続けられるか−諸事情を考慮、素人判断は危険 2015年2月4日 岡田 晃朝
友人の会社役員への名前貸し−職務怠れば責任追及の可能性 2015年1月21日 森田 雅美
亡父の遺言書を開封してもいいか−まず家庭裁判所で検認を 2015年1月7日 尾ア 悠吾

掲載年一覧

ページのトップへ
兵庫県弁護士会