兵庫県弁護士会とは

HOME > 兵庫県弁護士会とは > 会長就任のご挨拶
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

会長就任のご挨拶

兵庫県弁護士会
会 長  堺充廣

 2019年度兵庫県弁護士会会長に就任しました堺充廣です。種谷有希子、細川敦史、矢形幸之助、新井大介の4名の副会長と共に、来年3月までの任期の間、精一杯務めますのでよろしくお願いいたします。

 さて、五国と呼ばれる兵庫県は、面積約8,400km2、人口約500万人。国土は瀬戸内から日本海にまで連なり、淡路島もかかえるなど、風土も文化も多様で、外国人も多数居住されています。

 当会は、この様な兵庫県を区域とし、県下に、神戸本部の外、阪神支部、伊丹支部、明石支部、姫路支部、豊岡支部があり、約970名(うち女性会員約190名)の会員が、各々、法律事務所を構え、弁護士業務を行っています。

 兵庫県の多様性、国際性は、弁護士及び弁護士会に対するニーズの多様性、国際性につながっています。当会では、この様な社会のニーズに応えるべく、本部、支部に相談所を設け、一般的な法律相談や弁護士紹介業務を実施しているほか、遺言・相続、中小企業支援、刑事弁護、犯罪被害者支援、高齢者・障がい者支援、消費者被害、空家対策等の分野に関して格別にセンターを設置し、専門的な法律相談や弁護士紹介業務を実施しています。今後も、司法サービスの多様化と拡充を進め、皆様のご期待に応えるよう努めていきたいと思います。

 また、憲法改正問題など、今後予想される各種の法的諸問題についても、会員相互で十分な議論を尽くし、情報の発信に努め、人権擁護と社会正義の実現、社会秩序の維持及び法律制度の改善という弁護士の使命を達成すべく、法律の専門家として、活動を続けていきたいと考えています。

 今後も、当会の活動に関し、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

<

ページのトップへ
兵庫県弁護士会