兵庫県弁護士会とは

HOME > 兵庫県弁護士会とは > 各種委員会の紹介 > 労働と生活に関する委員会
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

各種委員会の紹介

労働と生活に関する委員会

■活動の目的

  自由主義社会において「自助努力」が重要であるとしても、努力が実を結ばない人、努力すら困難である人たちが、人生を切り拓き、幸福を勝ち取っていくお手伝いをすることは、人権擁護を使命とする弁護士の果たすべき大きな役割だと確信しています。
  このようなお手伝いをするため、労働と生活に関する委員会は、ホームレス問題、自殺防止対策、失業対策を中心とした労働問題、生活保護問題、更生保護問題など、社会的弱者の救済、貧困問題の解決のため活動しています。

 

■委員会の活動

1.無料相談

(1)日本司法支援センター兵庫地方事務所(法テラス兵庫)との共催で無料相談窓口
   「労働トラブル当番弁護士制度」、「生活保護当番弁護士制度」を運用しています。

お問い合わせ先 日本司法支援センター兵庫地方事務所(通称:法テラス兵庫)
  電話番号:050-3383-5440
  受付時間:平日 午前9時から午後5時まで

(2)「日曜夜間無料電話相談」を実施し、精神保健福祉士と共同で様々な悩みの解決のアドバイスをしています。

例えば…
  ・派遣切り・雇い止めにあった
  ・借金を返済しているのに残高が減らない
  ・消費者金融にたくさん借金をしている
  ・生活保護を受けたい
  ・夫の暴力から逃げたい、離婚したい
と言った相談に、無料で応じます。

実施日時 毎月第2・第4日曜日 午後5時から午後9時まで (※1)
電話番号 078-341- 9600 ( くろうゼロ ) (※2)
相談料等 無料・予約不要


(※1) 相談日時は実施年度により異なる場合がありますので、詳細は当会ホームページに掲載しているチラシでご確認いただくか、当会(078-341-7061(代表電話))までお問い合わせください。)
(※2) 相談実施時間帯のみの臨時電話です。実施時間帯以外はつながりません。


2.部会の活動

(1)自殺防止対策部会
   神戸市、神戸市医師会、兵庫県司法書士会などゲートキーパーとなり得る分野の専門家との連携をすすめています。
(2)ホームレス部会
   河川敷巡回相談(年2回)、夜回りへの参加、ホームレスの実情に関する勉強会、関連諸施設(更生援護相談所等)の見学などを実施しています。


3.その他の活動

「更生保護」(犯罪や非行をした人たちの健全な社会復帰と再犯防止)の視点に注目した刑事弁護マニュアルを作成中です。

ページのトップへ
兵庫県弁護士会